岸本耕作(ミズノ)はイチローのグラブ職人?ベンディットの両投げも製作

この記事は3分で読めます

2gw-28303-54
スポンサードリンク

 

2gw-28303-54

ども、たけるです。

 

岸本耕作さんというミズノのグラブマイスター(製作技術者)が話題になっていますね!

現在メジャーリーグのアスレチックスで活躍するパッド・ベンディット投手

が6月5日のレッドソックス戦に両投げ投手として登板しました。

その、ベンディット投手ですが、幼い頃からミズノ製のグローブを使い、

メディアで「ミズノの岸本が作るグラブクオリティはナンバーワンだよ!」と言ったことが

理由みたいですね。

パッド・ベンディットさんに関する記事はコチラ

 

ご存知、日本といえば、モノづくりに定評のある国として確固たる地位を築いていますが、

その地位を支えるのは、岸本さんのような「職人」と呼ばれるプロフェッショナルがいてこそ

だと思います。

 

そこで、今回は日本のモノづくりを支える岸本さんについてのエントリーです。

 

 

プロフィール

photo01

名前:岸本耕作(きしもと こうさく)
生年月日:1957年生まれ
年齢:58歳
出身:兵庫県宍粟郡
職業:グラブマイスター
所属:ミズノ

 

岸本さんについて

岸本さんは1957年生まれの58歳、兵庫県生まれで、1976年美津濃株式会社に入社されて、

入社後は一貫してグラブの製作に携わり、「グラブマイスター」というミズノ社の社内資格で

最も栄誉ある資格をお持ちです。

いわゆるプロの職人ですね。

これまでイチロー選手、松井秀喜選手、井端弘和選手、宮本慎也選手、荒木雅博選手等

プロ野球選手を中心に多数ののグラブ製作に携わられています。

名前をあげた選手はいずれも守備の名手ばかりで、選手の守備力が道具で決まるわけでは

無いですがやはり一流のプレイをする選手には一流のグローブをというのが

当たり前で、岸本さんの職人芸が高く評価されている事を証明していますね。

 

岸本さんのミズノへの入社の経緯は

野球をしていた事

家からミズノまでが近かった事

が理由だったようです。

本人も、職人という自覚はあまり無いようで、普通のサラリーマンと

いうことです(笑)

 

岸本さんの師匠は坪田さんという方で、一緒にプロのグラブを製作していった

とありますが、中でも、イチロー選手はグラブに対するこだわりがあったようで、

OKをもらうまでに50個以上作りなおしたそうです(笑)

骨が折れますね。

 

 

私は小学校の頃、ちょっとだけ野球をかじった事があるのですが、

ミズノのグローブを使っていて、ミズノを使う前はそこらへんのホームセンターに売っている様な

グローブを使っていましたが、全然使い心地が違いましたね。そして最初のグラブはすぐ壊れました。

20年ほど経った今でもたまに友人とキャッチボールをする機会があるのですが、

紐が切れたりなんかもせず、耐久性が非常に良いですね。今もバリバリ活躍してもらってます(笑)

祖父に買ってもらった最初で最後の物なので、このグラブは宝物です。

 

 

プロの選手でも、練習用と試合用のグローブは別々に使用するということですが、

岸本さんの担当するプロの選手は、試合用は5~6年使用する選手もいるそうで

ミズノのグローブ、そして岸本さんの技術力の高さが伺えますね。

野球の試合が1年で140試合くらいありますから、

5年で700試合!

すごい耐久力ですね。お値段気になります(笑)

 

そういえば高校の頃に硬式野球をしている友達に何気なく聞いたことあるのですが

5~10万?特注だともっとするみたいな事言ってましたね。

 

プロ仕様だと絶対に特注でしょうから、ウン百万はくだらないのではと

勝手な推測をしておきますw

 

 

 

まとめ

岸本さんの技術力は最初にお伝えしたように、メジャーで活躍するベンディット投手や

その他多数の選手がミズノのグラブを採用され、世界でも認められています。

AdamWainwright

アダム・ウェインライト投手

 

1392925761000-2014-02-20-simmons2

アンドレルトン・シモンズ遊撃手

 

 

White Sox at Orioles August 9,  2011

クリス・セール投手

 

岸本さんは仕事をやっていてよかったと思う瞬間は、

選手が試合に出て製作に携わったグラブで活躍した時という事でした。

 

輝かしいプロ野球の舞台で活躍する裏では、職人さんの

並々ならぬ努力があるんですね。

 

以上です!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです。

ではー!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. img2
  2. hakata
  3. ha
  4. 1280px-Yanagawa_High_school
  5. sashi
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。