日野晃博の経歴まとめ!妖怪ウォッチを産んだゲームクリエイター!

この記事は2分で読めます

17add1b0
スポンサードリンク

 

17add1b0

 

ども、たけるです。

普段ビジネスシーンやお洒落を楽しみたい方には必須なアイテム、「時計」。私達の生活に身近な存在ですが、実は今(というか、ご存知の方が大多数かと思いますが)、大人だけでなく、子供の間でも「時計」(ウォッチ)が流行しています。2014年には流行語大賞にノミネートされ、見事トップ10を獲得していて今ノリにノっています。今回はそんな世にも大ヒットする商品を世に送り出した、日野晃博さんを簡単ではありますがご紹介しようと思います。

 

 

プロフィール

33179fde

名前:日野晃博(ひの あきひろ)

生年月日:1968年7月20日(46歳

出身:福岡県大牟田市

最終学歴:九州産業大学(高校は大牟田北高等学校)

職業:ゲームクリエイター

趣味:サッカー

㈱レベルファイブ代表取締役社長(本社所在地:福岡県福岡市中央区薬院1-1-1 薬院ビジネスガーデン)

手がけてきた代表作:ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君、レイトン教授シリーズイナズマイレブンドラゴンクエストIX 星空の守り人、妖怪ウォッチシリーズ

 

日野氏について

zz3gZi_k-1

福岡県大牟田市に生まれ、福岡で育った根っからの福岡人(筑後人)です。高校は大牟田北高等学校(普通科のようです)に進学し、学生時代は専らサッカーに明け暮れていたとのこと。そんなサッカー少年だった日野さんですが、現在では福岡県福岡市をホームタウンとするアビスパ福岡の本拠地レベルファイブスタジアム(東平尾公園博多の森球技場)へ出資し、命名権を所有して、通称レベスタの愛称で福岡のサッカーファンに親しまれています。ゲーム「イナズマイレブン」のイラストもスタジアム全体に施され、上手くリアルサッカーにマッチングしています。私も行ったことがありますが、今考えると非常に上手な戦略を取っていますね!

2012032115233326c

イナズマイレブンの他にも世に送り出してきたゲームとしては、たくさんお持ちなのですが、そのなかでもドラゴンクエスト、レイトン教授シリーズ、妖怪ウォッチ等数多くのヒット作をお持ちです。プロのゲームクリエイターとしての業績もさることながら、株式会社レベルファイブの代表取締役社長も同時に務める敏腕経営者でもあります。会社自体は、日野氏のワンマン経営色が強く、多角的な経営で会社を推し進めています。アビスパのホームタウンへの出資を提起したのも、サッカー好きな日野氏の思いがあったからではないかと思うと、頷けます。また、家族構成にかんしてなのですが、詳しく調べましたが家族や彼女の存在は明らかではありませんでした。自分でゲームを作りたい一心でこれまで過ごされてきたのでお子さんがいないことも可能性としてありえそうなのですが、46歳ということで、奥さんや子供がいてもおかしくない年齢ではありますよね。

 

 

まとめ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-01-PAK88_tokyoekihitogomi20150109174847500-thumb-1000xauto-5909

次々とヒット作を生み出してきた日野氏ですが、ゲームのパクリ疑惑なども出ているようです。一部の心ないアンチがでっち上げた事のようで、私としてはこれまであった作品の良い所を上手く取り入れるのはヒット作を生み出す必須条件の一つなのではないかと思います。アンチがいるということは、それだけ日野氏がゲーム業界に及ぼす影響が強いという何よりの証拠ですね。日野氏もアンチの存在など気にもとめていないと思います。これからも日本のゲーム業界を牽引し、世界に誇れる文化を創りだしていくカリスマ的存在であってほしいです。今後のより一層の活躍に期待しましょう!最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. shou
  2. newsmain140526
  3. ryou
  4. 41de7df9164f885ed451b527dc5db554-o
  5. 2014y08m11d_181458311
  6. 6921ddbf
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。