金子恵美(美人議員)が結婚!相手は宮崎謙介で妊娠の可能性は!?

この記事は2分で読めます

mainimage01
スポンサードリンク

mainimage01

ども、たけるです(・∀・)

「自民党の2大マドンナ」と呼ばれている1人、金子恵美衆院議員(37)が、同党でイケメンと騒がれている宮崎謙介衆院議員(34)と結婚することになりましたね。金子氏は美人すぎる国会議員として、過去にはミス日本関東代表にも選ばれたことがあるとか。そんな二人の簡単な紹介ときになる金子氏の妊娠についてまとめてみたいと思います。

 

金子恵美衆院議員のプロフィール

kaneko_megumi20101214-001_400x400

本名:金子恵美(かねこ めぐみ)

生年月日:1978年2月27日(37)

出身:新潟県新潟市南区

最終学歴:早稲田大学第一文学部

所属政党:自由民主党

選挙区:新潟4区

その他:2002年「新潟きものの女王」、2003年「ミス日本関東代表

父親である金子由征さんが旧月潟村の村長をされていたということで、政治家2世ですね。かつては新潟市議会、新潟県議会にも当選し議員経験があり2012年に現在の衆院選に立候補し当選した経歴を持っています。

宮崎謙介衆院議員のプロフィール

423

本名:宮崎謙介(みやざき けんすけ)

生年月日:1981年1月17日(34)

出身:東京都新宿区

最終学歴:早稲田大学商学部

所属政党:自由民主党

選挙区:京都3区

役職:自民党青年局 次長

自民党ネットメディア局 次長
キャリア教育推進特命委員会 事務局次長
IT戦略特命委員会 幹事
雇用問題調査会 幹事
国土強靭化総合調査会 幹事

その他:幼少時父の仕事の都合でフィリピンで生活、2007年会社創業

大学は偶然にも金子氏と同じ早稲田で、年齢は3歳下です。幼少期を総合商社で勤めている父の都合でフィリピンで生活していますね。また、日本生命相互保険への就職を経て2007年に株式会社ネオトラディションを創設。2012年に初当選し、新人でありながら起業経験を買われ「キャリア教育推進特命委員会」の事務局次長他様々な役職を与えられています。まさに、将来の日本を担う人材の一人ですね。

 

宮崎氏にべた惚れな金子氏

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-YUUSEI85_genkinahutari15222333-thumb-1000xauto-12421

新潟きものの女王、ミス日本関東代表や美人すぎる議員など、世間の注目を集めてモテモテな金子氏ですが、宮崎氏は188センチの高身長、ボートでの国体出場経験あり、将来の自民党のホープということで、熱を上げているのはむしろ金子氏なんだとか。同じなのは党だけでなく、派閥(二階派)も一緒なだけに、お互いの距離が近すぎてなんでも筒抜けでしょうから、うまくいかなくなる可能性もありそうですね。

 

妊娠の可能性は!?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-01-LISA78_ookinaokuchidea-n20141018103629500-thumb-1000xauto-5876

気になる妊娠の可能性なのですが、金子氏は妊娠を自身で否定しています。宮崎氏といえば、過去に離婚歴があり、元妻は加藤鮎子(自民衆院議員)。2人の間に子供もいないことから、宮崎氏はできちゃった婚をするような人ではないと私の個人的な判断で金子氏の妊娠も無さそうですね。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. yahuoku
  2. https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-12-OZPA88_seikenduki120130707170613500-thumb-1000xauto-5804
  3. ekisou
  4. KOHARU6
  5. hakata
  6. 17add1b0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。